「お世話になりました」占いカウンセラー朱川森(あけがわしん)のレッスルなブログ

占いカウンセラー 朱川森 1960年代、瀬戸内海のとある島で生まれる。虚弱かつ軟弱な少年時代を過ごしたのち、大学入学のため関東地方へ。卒業後はバブルの繁栄を享受することもなく社会の底辺を渡り歩き、紆余曲折を経て現在に至る。 2013年4月長年住み慣れた横浜から故郷(広島県呉市)に転居致しました。 現在は呉市音戸町の自宅を中心に、対面鑑定、電話鑑定、メール鑑定、広島市内・呉市内等へ出張鑑定をしております。 占術は、タロットカード、手相、九星気学、ラッキーカラー診断、数秘術、人相などなど。

2012年04月

「男はつらいよ」

言わずと知れた日本映画に燦然と輝く名作で、皆様いろいろ一家言あると思う。ワタクシはとりあえず一作目と、アラカン&のり平の作品が最高峰だと思っている。

まあ一作目、さくら(倍賞千恵子)の可憐さといったら凄過ぎで、なおかつ日本映画の重鎮、名優の両巨頭、志村喬と笠智衆が同じシーンで共演。のちに山田洋次が「黒澤明の志村喬と小津安二郎の笠智衆。同じカメラでおさめたことはほんとに嬉しかった。」なんてコメントを残しているのはさもありなんである。

ちなみに、この両巨頭がのちに共演しているのは”青影”主演のテレビ映画「どっこい大作」第一話…。閑話休題。

1971年、このときすでに倍賞千恵子、そして妹の倍賞美津子はスタアであった。
猪木が日本プロレスを追放されて、新日本プロレスを旗揚げしたとき、

品川や新橋駅で「アントニオ猪木が新しいプロレスを始めます。チケット買って下さい〜。」
と、この大女優二人が声を張り上げたという。

「駅ーStationー」
「復讐するは我にあり」
今、思い出しても震えるような日本映画の名作。
駅のホンは倉本聰、
そしてウィリアム・フリードキンがひっくり返った、監督今村昌平。

倍賞姉妹に駅で手売りさせた…
アントンはホントに凄い人だったんだなぁ。

朱川森出演情報
5月1日(火)中華街横浜大世界4F
5月2日(水)アリオ亀有2F
5月3日(木)横浜
ランドマークプラザ5F
5月4日(金)関内セルテ2F
皆様のお越しを心よりお待ちしております。 
人気ブログランキング

うちの近所に桜の名所がある。満開のときには露店が立並び、夜はライトアップされて大層な賑わいをみせていた。今はすっかり葉桜になってしまい、通る人もあまりなく桜の木を見上げる人などもういない。

日本人が桜を愛でるのは”パッと咲いてパッと散る”その潔さと儚さだという。しかし…。
満開時のKENSO…もとい喧噪と今の閑散を見ていると、いいときだけはやしたてて大騒ぎ。散ってしまえばあとは知らん顔。桜なんて日本人がバカ騒ぎするためのきっかけでしかないのではないか。
花見という行為は畢竟、今の軽佻浮薄なニッポンそのものだっ!どうしてこんな国になってしまったのだっ!ドンッ!(机を叩く音)

な〜んてことを考えてしまった。嗚呼、ひねくれ者のボク…。
♪ひねくれて〜さくら見上げたボクな〜のさ〜♪
「みなしごのバラード」より

桜の木を見上げてみれば、葉桜の中に薄桃色の可憐な花が一輪まだしぶとく残っていた。

朱川森出演情報
5月1日(火)中華街横浜大世界4F
5月2日(水)アリオ亀有2F
5月3日(木)横浜
ランドマークプラザ5F
5月4日(金)関内セルテ2F
皆様のお越しを心よりお待ちしております。 
人気ブログランキング

石橋を叩いても渡らない”どころか”吊り橋をひょいひょい渡る”人だったと思われるジャイアント馬場。

昭和13年1月23日生まれ
生年月日による分類 ファイヤー国ゴーゴー県ジェントル市エンタメ町出身

この人物がなぜ”慎重居士”と呼ばれたのか?これはまさに比較対象となる人物(次はこの人を鑑定します)がイケイケ過ぎたが故の評価でしょう。

また、類い稀なる巨体が故にどうしても目立ってしまいますが、有名になって以降はまんざらでもないと言うか、目立ってこそ、騒がれないと逆に嫌、「お!馬場だ!!」なんて声が聞こえるとご満悦だったと思います。

カブキをあぜんとさせた金銭面は、基本的に堅いが欲しいものはしっかり買う。貯金は大好き。ただし、他人に対しては、これは
”ジェントル市エンタメ町のちょっと柄の悪い地域”出身の人の特徴なのですが、しわい屋、赤螺屋ケチ兵衛になるか、全く逆に宵越しの銭は持たねえ!とばかりにお金には無頓着、さらには人に奢りまくって散財する、なんて両極端になる傾向があります。前者がおそらく馬場。そして後者は、”全日本プロレス中継”番組の冒頭で、その馬場から解雇の記者会見をされた阿修羅原です。
馬場と原はかなりの似た者同士。ですから原を解雇するとき馬場は断腸の思いだったのではないでしょうか。

さて、社長として原を解雇せざるをえなかった馬場ですが、頭は切れる、人の意見を取り入れる柔軟性がある、大胆さと慎重さを併せ持っている。ということで社長の器であったと思われます。しかし、たま〜に落ち込んでくよくよ、ぐずぐずすることもあったでしょう。身体で注意するところは肺、腎臓、胃、腸…いまさら言ってもしょうがないですけれど…

もし今も馬場が生きていたら…
ハワイで悠々自適の生活を送りながら、時々日本に帰ってきてテレビに出たり、アメリカに行ってカリフラワーアレイクラブでサンマルチノやデストロイヤーやレイスらと旧交をあたためたり、そしてWWEでは殿堂入り、ってこともあったのでしょうか。
馬場が生きていれば、日本テレビはまだプロレス中継を続けていて、三沢はあんなことにならなかったかも…なんてことも考えてしまいます。

それでは最後にワタクシの好きな馬場の名言
「マードック?いいレスラーなんだけど、ギャラの分しか仕事しないんだよなぁ。」

なおこの鑑定はあくまで私見です。

朱川森出演情報
5月1日(火)中華街横浜大世界4F
5月2日(水)アリオ亀有2F
5月3日(木)横浜
ランドマークプラザ5F
5月4日(金)関内セルテ2F
皆様のお越しを心よりお待ちしております。 

あ、最後の最後にもう一つ。馬場は宿命として悪い星を持っております。
それは”◯◯に恵まれない”
◯◯はご想像下さい。 
人気ブログランキング

明日4月14日(土)より5月13日(日)まで
アリオ亀有にて占いイベントが開催されます。
年末年始以来久しぶりですねぇ。

ワタクシの出演日は
明日の初日4月14日(土) 
4月18日(水)
4月23日(月)
4月25日(水)
5月2日(水)
5月7日(月)
5月9日(水)
最終日5月13日(日)です。

リピーターの皆様方お待たせ致しました。
また、 初めての方もどしどしお越し下さい。
よく「占ってもらうのこわーい」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、
こわくないですよ〜。
鑑定士はみな優しい人ばかりです。

お悩みの皆様にひとときの癒しとひとすじの光明を!
 

「ジャイアント馬場は石橋を叩いても渡らなかったのか?」
後編は近日公開! 
乞うご期待!! 人気ブログランキング

さて一人目はやはりこの人、ジャイアント馬場です。

昭和13年1月23日生まれ
生年月日による分類 ファイヤー国ゴーゴー県ジェントル市エンタメ町出身

以前の「心優しき世界の巨人」のイメージは、今ではいろんな本によってだいぶ違うようですが・・・

その通りで、特別優しくはなく、かといって特別冷たくもない感じです。
もしワタクシが「この方は優しい人ですか?」と問われたら、「ごくごく一般的、フツーな方ですね。」と、お答えするでしょう。
ただし、かわいがる人たちとバッサリやっちゃう人たちがはっきりしているので(ファイヤー国出身者の傾向)
かわいがられた人からは「馬場さんはいい人でした。」
そうでない人からは「・・・」
悪気はないけれど何気なく発した言葉が実はけっこうキツい一言で、周りの人たちを傷つけていたかもしれません。 

また、相性的にみると弟子の中で渕正信、ハル薗田、三沢光晴の三人はかなりかわいがられた(もちろんシゴキの意味ではなく)のではないかと思います。
逆に相性が合わないなぁという弟子や後輩は、ザ・グレート・カブキ、天龍源一郎、大仁田厚、越中詩郎、川田利明、小橋建太といった面々です。

さて、アントニオ猪木と比べて”石橋を叩いても渡らない”と言われたジャイアント馬場ですが果たして実際はどうだったのでしょうか?
ワタクシの見立てでは”石橋を叩いても渡らない”どころか”吊り橋をひょいひょい渡る”人だったと思います。
それではまた次回。

なおこの鑑定はあくまで私見です。

朱川森出演情報
12日(木)横浜ランドマークプラザ5F
13日(金)関内セルテ2F
14日(土)アリオ亀有
皆様のお越しを心よりお待ちしております。 人気ブログランキング

このページのトップヘ